秋は夕暮れ


秋の陽は釣瓶落とし・・・とは、良く言ったものです。。。

kotorichan自転車に乗って、大淀川に架かる小戸之橋を北側から南岸に向かって

息を切らしながらへぇへぇと渡っていましたら、

西の空に美しい夕日が沈みかかっていました\(^o^)/

ついさっきまでは、明るい午後の空だったのに、いつの間にか

すっかり黄昏時の雰囲気が漂って来ていて、夕日も見る見るうちに沈んで行くので

シャッターを切るたびに表情が変わります(@_@;)


秋は夕暮れ。夕日のさして山の端(は)いと近うなりたるに

烏の寝所へ行くとて 三つ四つ 二つ三つなど

飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁などのつらねたるが

いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りはてて

風の音 虫の音など はたいふべきにあらず。


・・・・・良く暗唱させられました(>_<)


『秋は夕暮れがイイんですよねぇ~。夕日が赤々と射して、

 山の稜線のところへ今にも沈もうとしているその時に、

 カラスが寝ぐらへ帰ろうと、三羽四羽、二羽三羽と

 思い思いに急ぐのさえしみじみと感じられますね。

 ましてや、雁などが列を連ねて飛んでいるのが

 とても小さくなって見える様は、

 これもまたなかなかに興味深い。。。すっかり日が暮れて、

 風の音がして虫の鳴き声が聞こえてきたりするのは、

 もはや言うまでもないほどに風情があります。』kotorichan釈(*^-^*)


知る人ぞ知る『枕草子』の秋の部分ですが、

春はあけぼの。。。に始まって、夏は夜。冬はつとめて(早朝)。

清少納言さんの感性と表現力に感服しますね\(^o^)/

秋の夜は長いです・・・また、ゆっくりと本が読みたくなった

kotorichanでしたーーー( *´艸`)